column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.67】角地のメリット・デメリット!?

千葉で新築住宅の購入を検討しているみなさん。

注文住宅を建てるに当たっては土地が必要不可欠ですから、土地について勉強している方も多いでしょう。今回は人気の「角地」についてご紹介いたします。

角地とは、道路の曲がり角や交差したところにあり、土地の中でも二面以上が道路に面している土地です。では、角地のメリットを実際に見てみましょう。

 ・開放感がある。

角地は二面以上の道路に面しているため、両隣に家があるということがありません。開放感のある家づくりができます。

 ・間取りを考えやすくなる。

注文住宅では、道路に面して玄関をつくることがほとんどです。そして、玄関の方向に併せて各部屋の方向を決めるため、道路の向きによっては希望の方角にリビングを作れないという事もあります。角地ですと、二面以上が道路に面しているので、間取りを考えるときにも様々な選択肢ができます。

メリットばかりに見える「角地」ですが、デメリットもあるのをご存知ですか?

 ・プライバシーが確保しにくい。

二面以上が道路に面している角地では、道を歩く人に家の中が丸見えになってしまう事があります。せっかく角地を購入したのに、視線が気になって日中はずっとカーテンが開けられないことも…筆者の自宅土地は3方向道路!さてさて、どこ着替えをすれば良いのかと家の中でウロウロすることもしばしばです(笑)

 ・価格が高い。

角地は人気がありますから、通常の土地に比べて価格が高くなります。人気のエリアの角地ともなると、予算オーバーしてしまうということも珍しくありません。

これから新築住宅を建てる皆さんには、土地選びに沢山の選択肢があります。メリット・デメリットをしっかりと見極め、理想のマイホームを手に入れてください。

 

【千葉市・四街道市のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop