column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.220】玄関収納の今と昔

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

玄関の収納というと、ひと昔前は下駄箱と傘立てがあるだけ、というのが定番でしたが

最近では大きな玄関土間を設けて趣味の道具を置いたり、また愛犬家さんの

お宅では、ワンちゃんのシャンプー台があったりと

その空間づくりは様々です。

基本的な玄関収納についてのポイントをおさえ、無駄のないスペースに

したいものです。

実際に取り付けてよかったと評判なのが可動式の棚板。

将来、収納する物が変化しても高さや位置が変えられるので

もはや必須ともいえそうです。

また、帰宅時に濡れた傘やコートをさっと掛けられるバーが1本でもあると

大変便利です。

そして忘れてしまいがちですが、照明器具もしっかり取り付けておきましょう。

玄関に灯りがあっても、収納庫の隅までは届かないこともあります。

そして出入り口のドアは、引き戸が快適ですがコストをかけたくない場合は

ドアをつけないオープンタイプも選択肢の一つです。

敷地や間取りとの兼ね合いももちろんありますが

型式にとらわれることなく柔軟な発想も大切です。

家族に最適な玄関づくりのご参考にしてください。

【千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop