column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.208】家の害虫

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

梅雨に突入すると湿度も上がり、いや~な虫たちの活動も活発になります。

そして大切な家にとって大敵なのがご存知シロアリです。

実はシロアリは蟻の仲間ではなく、ゴキブリに近いといわれています。

代表的なのがヤマトシロアリとイエシロアリの2種類です。

シロアリは、それぞれ新しい巣作りのために、一部が羽蟻となって飛び出しますが

その時期として、イエシロアリは6~7月の夜間

ヤマトシロアリは4~6月の雨上がりの昼間によく見られます。

シロアリの生態は、女王アリと王アリを中心に集団を作って生活します。

目は退化しているため光を嫌いますが、新しい巣を作る時には光を恐れず飛び出していきます。

飛べる距離は遠くても1km程度で、飛び終えると羽を落とすのだそうです。

なんだか壮大なストーリーですね。。

彼らは浴室、洗面所、台所、トイレの床下などの暗くて湿気の多い水廻りや

風通しの悪い場所を好みます。

隙間やひび割れなどを見つけて、そこに土を詰め道を作ります。

こうして大嫌いな光や風を避けて住宅に侵入・移動するのです。

シロアリは主に木の柔らかいところを好んで食べ、固いところは残しますが

実は木に限らず、コンクリートや断熱材など何でも食べてしまいます。

食害にあっている部分は叩くと空洞音がしたり、床や柱などは押すとぶかぶかとします。

また、浴室のタイルなどにひびが入ることもあります。

では、大切な住まいをシロアリから守る為にはどうしたら良いのでしょうか?

まずは床下の通風を良くすることです。

通風が悪いとシロアリの好む環境を作ってしまいます。

また、家の周りに木片を置いたり埋めたりするとシロアリを誘うので絶対にやめましょう。

新築時には防蟻材を塗布したばかりなので心配はありませんが

お住まいを長く快適に使うには、私たちが健康を気遣う事と同様に

住まいの健康管理をしてあげる事が大切です。

【千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop