column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.191】子供部屋について

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

新築住宅を建てる際、子供部屋については問題のひとつです。

子どもが成長する姿を思い描いた時『子ども部屋』の

悩みどころはどんなところにあるのでしょうか。

家族との関わりを通して成長していく、まだ小さい年代では

リビングで過ごす時間が圧倒的に多くなります。

小学校低学年でも宿題や家庭学習を見守ることもあるでしょう。

子供部屋として用意した部屋へひとりで行くことはまだまだ先のようですが

ただ、子どもの物は成長とともにどんどん増えていきます。

本格的に使うのはまだ先としても荷物置き場として

使うことが多い様です。

『自分の部屋』が本格始動するのは中学生くらいから。

どんどん自分の部屋で過ごす時間は増えていきますが

子供部屋にテレビを設置すると更に閉じこもりがちになりやすく

勉強をする際にも集中できない原因となります。

家族との団らんを大切に考えるのであれば

子供部屋にテレビは置かないほうが良いでしょう。

また、昔の住宅によくある、玄関から階段を上がって自分の部屋に行ける

ような間取りも避けたいところです。

【千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop