column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.186】建築ポイント 子育て編

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

新しくお家を建てて子育てを始められる方にとっては

これがあってよかった!という建築ポイントを先に知っておきたいですよね。

既に子育て中のご家族の体験もふまえて

いくつか考えてみたいと思います。

 

まずは、1階と2階を繋ぐ階段の位置について。

玄関を入ってすぐの場所や、廊下、リビング内など設置個所は

間取りとの兼ね合いによって制限もありますが

近年はあえてリビング内に設置されるご家庭も多くなりました。

やはり2階へ行く際は必ず通る点から

基本的な習慣としてのあいさつが自然と身に付き

コミュニケーションがとれることが決め手のようです。

 

そして家事全般において重労働のお洗濯。

1階の洗面脱衣所から、2階のバルコニーへ干しに行く。。

子供を見守りつつ、洗濯物を抱えての階段の上り下りは

想像以上に大変な作業です。

そこで頼りになるのが室内物干しスペース。

理想は外干しですが、最近は『花粉の付着防止』や『洗濯は夜にする』

という理由から、室内干しのご家庭も当たり前になりました。

天井に物干しアイテムを設置することは建築の段階で

決めておく必要がありますので、ご希望の際はお早目に。

そしてお家の外についても、検討箇所はあります。

玄関までのアプローチを階段のみにするか、スロープをつけるか、です。

やはりベビーカーはもちろん、車イス、台車、自転車など

玄関までのアプローチは階段とは別にスロープがあると大変便利です。

ベビーカーへ引っ掛けた荷物たちと一緒に直接玄関へ入ることができますので

便利で安心です。

 

住まいのひと工夫。

ご相談はお気軽に当社一級建築士までどうぞ。

【千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop