column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.92】 太陽光発電システムについて①

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

太陽光発電って何?

太陽光発電のメリットやデメリットについて考える前に、そもそも「太陽光発電とは何か?」という基本からお伝えしていきます。太陽光発電というのは、太陽の光を集めて、そのエネルギーを電力に変換する発電方式のことです。住宅の屋根や空き地などに鏡のようなパネルを目にされている方は多いのではないでしょうか。太陽光発電は電力を作り出す際に二酸化炭素を排出しないため、自然に優しい発電方法として注目されています。
太陽光発電によって電力を作り出すためには、

①太陽の光エネルギーを吸収して発電する「太陽電池モジュール(ソーラーパネル)」

②発電した電気を集める「接続箱」、集めた電気を家庭用の電力に変換する「パワーコンディショナー」

③家中に電気を送る「分電盤」

といったさまざまな機器が必要です。

新築時に太陽光発電のメリットって…。

・光熱費を安くする。

2009年11月から開始された固定価格買取制度スタート時は、住宅用太陽光発電の売電価格も高い金額で売ることができましたが、近年、価格が下がり始めています。最近は、電気の自給自足という考えが主流になってきています。

・緊急時の電力

新築でも、停電になれば電気は止まります。災害などで停電が起こった際は、昼間は電力を使用することが出来る。

・環境に良い

新築時に太陽光発電システムを採用すると、自然エネルギーなので環境に優しい。

 

次回は、新築時に太陽光を設置する場合のデメリットについてです。

 

【千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop