column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.91】エコキュートのランニングコスト

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

 

 

エコスマの新築はオール電化住宅。エコキュートを標準で仕様!大家族も安心の370ℓです!

機器の対応年数は8~10年程度といわれます。

エコキュートは深夜の安い電力を使用するためランニングコストはかなり下がると言えます。さらにエコスマの新築は太陽光を標準装備の新築になりますので、月々の支払いも安心。

太陽光発電は、日照時間内に発電します。そのため、エコキュートやIHクッキングヒーターの電気代の高い昼間の間に発電することで、電気代を抑えることが可能です。また、災害で停電していても太陽光発電があれば電気を使えるため、オール電化と太陽光発電を併用している住宅は災害時でもライフラインを使えるメリットがあります。

太陽光発電の設置費用は高いですが、コストランニングや災害のメリットを考えれば決して高い買い物とは言えないですよね。

 

【千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

 

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop