column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.217】ウッドショックとは?

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

今回は、いま住宅業界全体をざわつかせている「ウッドショック」について。

新しく家を購入しようと不動産屋へ出向かれたり、ネット検索などされている

方はもうご存知かもしれません。

事の初めは今年の春先頃、木材の価格が上がり続けるという状況と、加えて供給量の減少から

“木材はちゃんと入るのか!?” “予定通り着工できるのか!?”

と、徐々にあちこちで囁かれるようになりました。

今回のウッドショック現象には、様々な要因の重なりがあるといわれています。

まず、世界的な新築住宅ブームが背景に大きくあります。

この原因としては、新型コロナウィルスの影響で在宅ワークが進み

そのことをきっかけとして、より手ごろな郊外の戸建て住宅への移住の動きが

見られるようになったことが挙げられます。

戸建住宅の需要が大幅に増加し、木材そのものの価格の高騰が起こりました。

諸外国で自国内の材料確保のため、輸出制限が行われ

さらに経済回復をしてきた中国が各国から木材を高値で買い占める事で

日本などの国で木材を輸入出来なくなるということが起こりました。

これが、今回のウッドショックに繋がった要因といわれています。

今後の見通しとしては長期化の様相で、すぐに状況は変わらないだろう

といったところです。

 

これから家作りを検討していく中で、不安な点も多くあるかと思いますが

補助金制度や支援など、無駄のない資金計画をご一緒に考えていきたいと思います。

 

 

【千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop