column千葉の賢く正しい家づくりコラム

【千葉新築住宅コラムVol.170】結露対策

千葉市・四街道市で高気密高断熱のZEH(省エネ)新築住宅を検討しているみなさん。

寒くなってきましたね!

そして寒い冬と共にやってくる結露。。

ついつい乾くまで見て見ぬふりをしたい結露ですが、放っておくとカビやダニの原因にもなり

健康被害や、住まいを傷めることになります。

憎き結露発生のメカニズムは

 “暖かい水蒸気をいっぱい含んだ空気が冷やされ「飽和水蒸気量」を超えると

余分な水蒸気が水に変わる”

このように結露は温度と水蒸気の量のバランスで発生します。

対策として、加湿器の使いすぎや洗濯物の部屋干しをなるべく控え水蒸気の発生を抑えます。

やむを得ず干す場合は、エアコンや浴室乾燥機などを活用しましょう。

また、換気扇やサーキュレーターなどを利用し

暖かい空気を循環させ、冷たい空気を停滞させないようにします。

家具は壁にぴったり付けずに2cm以上離して、風の通り道を確保。

結露しやすい外壁側には、置かないようにしましょう。

石油ストーブやガスストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどは

燃焼の際に大量の水蒸気が発生します。

一方、エアコンやオイルヒーターなどは、水蒸気が発生しにくいのでおすすめです。

 

結露の煩わしさから解放された快適な生活のご参考にどうぞ!

【千葉市・四街道市のZEH(省エネ)住宅なら株式会社エリアワン】

千葉の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop